Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9legvjlxnlyxjjac1wyxj0bmvycy9qcgcvaw5uzxjfcgfnzv90b3aylmpwzyjdxq

弊社コンサルタント

Marc-Andre

Marc-Andre Bergevin

marc@exec-searchpartners.com

マークがリクルーティング・ヘッドハンティングの世界に足を踏み入れたのは2001年のことでした。当時破竹の勢いで成長していた新興IT向けリクルーティングファームの門を叩き、そのファームにて日本における転職業界の裏も表も学ぶと同時に、リクルーティング・ヘッドハンティングのノウハウ、テクニック、攻略法、傾向と対策、裏技等をみっちり習得致しました。その後、誰もが知る著名な大手人材紹介企業に移り、驚異的なスピードでTop Producer, Best Team Leaderを勝ち取り、最終的にはその企業にて執行役員にまで昇りつめました(未経験のヘッドハンター ==> 執行役員 )。

 またマークは自身のヘッドハンター・リクルーターとしての実力・実績もさることながら、メンターとして、今日日本で最も成功しているヘッドハンターの多くを育て上げた功労者でもあります。彼が一から育てたヘッドハンターの多くがIT、 経営・戦略コンサル、保険、金融、法律関係(弁護士含む)向けに一流のヘッドハンター・リクルーターとして現在日本と海外で活躍しております。

そんな彼は現在シンガポールに移り(2011年から)、日本市場だけに縛られないグローバルなヘッドハンティング・リクルーティング活動を展開すべく、EXEC-SEARCH PARTNERSを立ち上げ、日本市場+アジア市場の両軸にてこれまで以上の活躍をしております。

(前職)Desjardins Capital MarketsにFixed Income / Corporate / Convertible / Municipal debentures traderとして所属し、史上最年少でDirectorに昇りつめる活躍ぶりでございました。

(学歴) Financial Analysis at the University of Quebec in Montreal / Options & derivatives courses from the Canadian Securities Institute / Financial Risk Management from the educational arm of the Montreal Stock Exchange.

Prior

Yojiro Konuma

yojiro.k@exec-searchpartners.com

社内ニックネームは “Yoji”。

Yojiは幼少時から海外在住が長く、【強いJAPAN】を海外で見て育った人間として昨今の日本の世界的地位低迷に強い悔しさを感じ、【Japan as No.1の復活】を胸にソニー株式会社のGlobal Marketing部門に入社。根幹事業・BRAVIA(ソニーの液晶TVブランド)の Marketing活動と事業開発を主に東南アジア地域で牽引。25歳の若さでソニーの東南アジア地域拠点へマネジメントポジションで赴任し(飛び級クラスの抜擢)、東南アジア現地にてBRAVIAのMarketingと事業開発を牽引。シンガポールやマレーシア等のメジャー市場から、バングラデシュ・ミャンマー・カンボジア・スリランカ等の戦略的新興国も担当し、ビジネスの最前線で外資競合企業と血で血を洗うような仕事をしておりました。

【SONYのKONUMA】ではなく【小沼 暢司郎】がどこまで社会に対してImpactを与えることができるのかを確かめたい(起業の決意)+ 自身の転職活動を通し日本の既存のヘッドハンターや人材紹介企業に不満と疑問を感じ ⇨ 『現場感』と『ビジネス感覚』が強いヘッドハンティング企業『EXEC-SEARCH PARTNERS』をMarc-Andreと共に創立 (東京+シンガポール)。

自身もGlobal business personとして突出した能力・経験・肌感覚を持つYojiは、優秀な候補者様や採用企業の決裁者(社長・執行部・Hiring Manger・採用ヘッド)とビジネス親和性・シンクロ率がとても高く、候補者様・採用企業様から『話してすぐに違いが分かる(他のエージェントと比較して)』と言われるぐらい絶大な信頼と評判を得ております(名指しの依頼も多数)。

人物面では海外育ちが長かったこともあり(帰国子女)、欧米的な Casual / Friendly / Speedy なmindsetと、日本人ならではの Hardwork / Commitment / Dedication の両方を上手く融合させたような人物で、コミュニケーション能力も抜群でございます。

  • 【前職】 ソニー株式会社 Global Marketing部門 兼 事業開発 (本社 / 東南アジア拠点 / 東南アジア販売会社)
  • 【学歴】 早稲田大学 商学部(専攻:Marketing戦略、国際事業開発、経済)
  • 【その他】 国連職員である父親の仕事の都合上、幼少時より海外在住が長い(ネイティブレベルの英語と日本語。国際感覚も強い)

受賞(一部)

  • ★ BIZREACH社 S クラスヘッドハンター(最高ランク)(2016年4月現在)
  • ★ BIZREACH社 ヘッドハンターランキング単独 1 位獲得(2016年4月現在)
  • ★ BIZREACH社 ”Outstanding New Performer賞 (2015)” を受賞
  • ★ 複数クライアント企業様から『Top Recruiter賞』、『Excellent Contributor賞』を受賞(2015年度)

manish

Manish Gupta

manish@exec-searchpartners.com

マニッシュは、IT&T、ヒューマンキャピタル、経営コンサルティング、オンライン&インターネット、電子商取引、オンライン旅行&観光、医療、および金融業界等に関するエンドツーエンドの専門的知識を備えた経験豊かな人事/人材獲得のシニア・プラクティショナーです。

2000年、インドにおいて、マニッシュはそのリクルーティング・キャリアをスタートさせ、インドおよび米国市場を担当しました。タタ社、HP社、エクスペディア社、およびレッドハット社等の多国籍企業組織における人材配置ビジネス、人材募集手順、ならびにコーポレート人事に関わり、幅広い知識を習得しています。

マニッシュは、あらゆるレベルの様々な文化的背景を持つ広範囲の人々に接遇、対応することができ、経営層、シニアレベル、ならびに中間管理職の重要ポジションに対する人材紹介において卓越した実績を収めています。彼は、リクルーティング、ソーシング、認定、検証、求人企業さま/候補者間コーディネートの実務経験を有し、アジア太平洋諸国および日本(APJ)における新規ビジネスを対象に、経営幹部レベル、地域ならびに国に特化したポジションに献身的な取り組みを見せています。
2007年、マニッシュは、全アジア諸国を対象とし、幅広いリクルーティング業務の経験を積むべく、シンガポールへ移りました。彼はリクルーティング・チームを統率し、素晴らしい成功を収めています。コンサルタントの可能性を最大限に引き伸ばすべく、チームを牽引、教育し、幹部および中間~シニア管理職レベルのポジションに、最適な人材が雇用されるよう、求人企業の皆様を支援しました。彼は、シンガポールおよびAPJ地域における戦略的人材配置により、多数の雇用案件を一変させ、その懸命な努力に対し、これまでに数々の賞を授与、表彰されています。

彼は、人文科学系学士を取得している一方で、優秀な技術知識も備えています。野生生物ならびに自然関連写真、音楽、旅行、料理の愛好家でもあります。

Stephanie Cara

Dan Corbeil

dan@exec-searchpartners.com

ダンは、成功のため、緻密に考証します。強い信念を持ってパートナーと転職希望者の皆様の両方を重視いたします。彼は一貫して、確かな知識、整合性、誠実な対応、効率性に基づいたリクルーティング活動を行っています。

ダンは過去20年の間東京をはじめとするAPAC地域に在住し、2000年からリクルーティングビジネスに携わってきました。カナダ生まれの彼は日本、香港、アメリカ等の在住歴がありますが、とりわけ日本にはゆかりが深く、日本の文化をこよなく愛しています。ほぼすべての都道府県を訪れ、日本語をマスターし、文化や社会の成り立ち、日本人の気質についての深い理解があります。

ダンはリモートリクルーティング、リサーチ、新規クライアントの獲得、ビジネス開発、ならびに中堅・リーダーシップレベルの候補者の採用といったリクルーティング活動全般をお手伝いさせていただきます。彼はクライアント様にはビジネス計画を達成するため、ニーズに合いかつ即戦力のある人材を探すこと、また候補者の皆様にはこれまで培ってきたスキルを活かし、さらなるキャリアアップのお手伝いをする事、この基本を忘れず、常に情熱をもって取り組みます。

そしてダンはこの度倫理性、専門性、ビジネス原則、またサクセスフルなコンサルティングサービスに基づきこれらのサービスを行うエグゼクティブ‐サーチ パートナーズに参画しました。面談の際にはこれらに納得いただけると自負を持っています。また彼はクライアントの企業様と転職希望者の皆様の両方に、市場の期待を大きく上回る実績とクオリティの高いサービスを自信を持って提供いたします。

ダンは、ワールドワイドな企業の更なる発展に不可欠なリクルーティング活動を通じ、自分自身も成長させたいと思います。そして転職ご希望の皆様がご自分の潜在能力をいかんなく発揮するのにもっともふさわしい場所を見つけるお役に立ちたいと願います。クライアントと転職希望者の皆様両方に成功事例の山を築くこと、これが彼のビジネスの一番の目的です。

彼の休日の楽しみはサーフィンをしたり旅行をしたりすることです。

Stephanie Cara

Kentaro Tamai

kentaro.t@exec-searchpartners.com

Kentaroは大手総合人材サービス企業インテリジェンス社にて広告の法人営業からキャリアをスタートさせました。日本国内の中小企業から一部上場企業を対象に人材採用手法の提案、市場分析等を手がけてまいりました。彼はリーマンショック後の景気減速局面においても、クライアントとの適切なリレーションを保持し傑出した成果を残してきました。

彼は25歳にして国際的なビジネス感覚や深い知見を身につけるため、米国カリフォルニアへMBA留学。(Middlebury Institute of International Studies)ビジネススクールではInternational Marketingを専攻。コースに日本人がKentaroただ一人という環境の中、多国籍企業のマーケティング、セールス、市場分析プロジェクトを企画・実行。米国においてもクライアントから非常に高い評価を得てきました。

2014年にビジネススクール修了後、Amic International Inc.に、取締役として経営参画。事業戦略、経営企画、マーケティング、リクルーティング等社内業務全般を担当しております。個人としては日本の個人・法人の国際化へ関心をもっており、精力的に活動を行っております。

会社経営と並行し、日本企業の国際化に貢献したい彼は、ヘッドハンターとしてシンガポールに移りました。自身の経営者・転職者としての経験からB to C、B to Bビジネス双方に高い知見を持つ彼は、キャンディデート・クライアント両者から高い評価を得ており、ミドルレベルからエグゼクティブレベルまで幅広い人材の紹介を行っております。

彼はスポーツを好み、休日にはバスケットボール、サッカー、ジョギング、トライアスロンなどを楽しんでいます。

(前職)Amic International Inc. 取締役 / 株式会社インテリジェンス
(学歴)Middlebury Institute of International Studies (MBA、 International Marketing) / 早稲田大学 人間科学部(専攻:人間情報科学)